2017年8月6日日曜日

感情のエネルギーを感じてみる



友人と話をしていると、友人の知り合いが私たちに話しかけてきました。

友人とその知り合いが話しているときに、ぱっと忘れていた思い出が蘇りました。


小学校高学年の自分が父に一生懸命なにかを説明をしていました。

父はプロ野球中継だったか番組に意識がむいていて、見逃せない場面だったのか、私の話を遮りました。

私は話を途中で遮られたあと、黙ってご飯を食べていました。


忘れていましたが、こういう状況がけっこうよくあったなと思います。

そのときの行き場のないやるせない気持ち。怒り。悲しみ。

その気持ちを何年たっても覚えてるのだなと思いました。



自分で感情を感じ解放していく方法は、例えばEFTやRASなどたくさんあります。

最近よくやっているのは、感情のエネルギーを感じることです。


・思い出とともに、怒り・悲しみなどの感情を感じるとき、「自分は○○と感じているんだな」と感情から距離を置いてみます。

・起因となった出来事を横に置いてみます。

・「怒り」「悲しみ」という言葉も横に置いてみます。

・そうして、ただのエネルギーを感じます。


エネルギーを身体のどこかに感じるかもしれません。

私の場合は、のどの奥につまる感覚や胸がぎゅっと締め付けられたりする感覚を感じることがよくあります。

不快な感覚もあるかもしれませんが、ただ感じ続けます。

しばらくたつと、ふっと抜けていく感覚がします。


一度では解放できないこともあるかもしれません。

でも、あせらずに、感情がでてきたら抵抗せずに感じてみます。

時間がないときは、「自分は○○と感じているんだな」と感情から距離を置くだけでも
いいと思います。


思い出や、「怒り」「悲しみ」という言葉にどっぷり使っていると、なかなか抜けられません。

また、感じないようにしていても、感情はなくなったわけではなく、未消化の感情として残り続けます。

長年ネガティブな感情に抵抗してきたけど、今は腑に落ちてきて、感情を感じてみようと思うようになりました。
不快は不快なので、もういやだ!とたびたび思うときもありますけど(苦笑)


自分でやるのは難しいという方は、カウンセリングやヒーリングなどご自分にあったツールを利用するのもおすすめです。

ゼニスオメガやアクセスバーズも効果的なツールです。


日々のなかで落ち込んでしまうこともあるでしょう。

でも、どんな感情でも素直に感じてみることが大切だと今は思います。



ゼニスオメガヒーリング モニターセッション実施中(2017年8月30日まで)

アクセス・バーズ モニターセッション実施中(2017年10月30日まで)

ilonowaメニュー一覧はこちら