2017年10月15日日曜日

生まれる色

本日の曼荼羅アート。


パステルの色と色をなじませていたら、新しい色が生まれてきたのが楽しかったです!

もうそれだけで充実感^^

模様はシンプルにしました。


以前はヒーリング音楽を聴きながら描いていたのですが、集中できないことに気がついて、音楽はかけずに描きました。

パステルを紙になじませるときのざりざりとしたかすかな音が、いつも聴いているクリスタルボウル演奏のクリスタルボウルを擦る音と似ているなあと思いました。

とても心地よかったです。



2017年10月14日土曜日

移ろいやすいとき

本日の曼荼羅アート。

淡い色合いの曼荼羅アートになりました。

もっとはっきりと濃い色がだせたらいいのですが、淡くなってしまう。

移ろいやすい心情があらわれているのかもしれません。
(技術の問題もあるけど、そこはおいておいて^^)


今、大嶋信頼さんの書籍をよく読んでいて、そのツールを使っています。

一度ネガディブなことを考えだすと止まらなかったのが、言葉を唱えることで、短時間で気持ちを切り替えられる様になり助かっています。

反対に、今までいい人を演じてきて丸くおさまっていたことについても「私がそこまでやる必要あるの?」と感じてきたり、他人からコントロールされているように感じて抵抗感を感じたり、けっこうしんどくなってきています。
今は過敏な感じです。
(そのことについても書籍に書いているのでちょっと安心^^)

でも、そこまで自分は他人に合わせて行動していたんだなと気づきました。
幼い頃からそれが普通だったからわからなかったけど。

ぎこちないけど、どう思われるか怖いけど、自分の言いたいことをいってみるのも大切だなと思うようになりました。
まずは言える範囲からで^^


2017年10月9日月曜日

心がだしてくる色と模様

本日の曼荼羅アート。

今回も心に聴きながら描いてみました。

最初はピンク、イエローのかわいい色合いをイメージしていたのに、描いていくうちに違う雰囲気になりました。あれ~??

これもパステルで描く曼荼羅アートの面白いところですね^^


消しゴムの使い方が難しいな~と感じました。

きれいに描きたいと思うと課題ばかりが目についてしまうけど、その時の自分の心がだしてくる色と模様を大切にしていけるよう心がけたいなと今は思います。

2017年10月7日土曜日

心とつながる


今、大嶋信頼さんの『支配されちゃう人たち』を読んでいます。

まだ十分に読み込んでいないのですが、人と人の脳はネットワークでつながっていて、互いに影響を受けあっているそうです。

思考は自然にわきあがってくるものですが、もしかしたらそれは自分の思いではなくて
他人から受け取ってしまったものかもしれません。

知らず知らずのうちに思考も行動も、他人にコントロールされてしまっているかもしれません。

そう思うと、ちょっと怖いなと思いました。

そんな他人のコントロールから自由になるには、自分の心とつながること。



正直に言うと、私は自分の心とつながることが苦手です。

幼い時から、心の中は自分を叱咤する声でいっぱいでした。

自分をまだ信用しきれていない部分があり、今のところ、心よ!と問いかけてもなかなか応えてくれないような気がしています。

信頼関係を築いていくことが大事なのですね。


ひとつひとつ心に聴いてみたり、一緒に何かをやってみる。

そうして、信頼関係を作り上げていくことが今は大切なのかなと思っています。



今日は、自分の心とつながりたいと思いながら、曼荼羅アートを描きました。



落ち着いた色合いの曼荼羅アートになりました。

描いているときは思わなかったけど、できあがった曼荼羅アートをみていると、心が殻をやぶって出てこようとしているようなイメージがしました。

心が応えてくれているってことなのかな?^^


2017年10月4日水曜日

れー夢さんから教わる曼荼羅アート基礎・応用・発展講座

相模原のれー夢さんから教わる曼荼羅アート基礎・応用・発展講座、2日目。

今回は、フラワー・オブ・ライフと五芒星を描きました。


フラワー・オブ・ライフ、初挑戦!
色に迷ったので、カラーカードを引いて色を選びました。
普段はあえて選ばない色合わせだったのですが、
できあがりは、意外に和風なイメージになりました。
こんな色の選び方もいいですね。

先生に疲れない消しゴムペンの使い方を教えていただきました。
コツをつかめた!と思ったら、また線が太くなってしまったりもあったけど、
1日目よりは感覚がつかめてきたような気がします。あとは練習あるのみ!




つぎは五芒星。
バランスのよい五芒星の描き方、ぼうっと輝くようにみえる描き方を教わりました。

描いているときは、黒まみれになって絵が濁ってしまうのではないかと慌ててしまいましたが、遠くからみると五芒星がぼうっと浮き出て、お気に入りの作品になりました^^


もっとこうできたらいいのに~という課題もでてきたけど、充実感いっぱいの時間をすごすことができました。

練習を積んで、さらにステップアップできたらいいなと思っています^^



2017年9月23日土曜日

曼荼羅アート

相模原のれー夢さんから、曼荼羅アートを習いました。今日は一日目。


初めての曼荼羅アート。


やさしいイメージの曼荼羅になりました。


2枚目


1枚目とは違う神秘的な曼荼羅になりました。


3枚目


ぼかしのテクニックなどを教えてもらいながら描いた3枚目。
花びら模様の重なりを描くのが楽しくなってきました。



時間を忘れるほど没頭してしまう曼荼羅アート。
充実感いっぱいの一日でした。
また次回のレッスンも楽しみです^^


2017年9月22日金曜日

大嶋信頼さんの『「すぐに不安になってしまう」が一瞬で消える方法』

友人からこの本オススメだよ~と、大嶋信頼さんの本を教えてもらいました。

さっそく『「すぐに不安になってしまう」が一瞬で消える方法』を購入して読みました。

不安からくる行動パターンや考え方が、まるで私の心の中を読んだかのようにそっくりで、そうそう!こんなこと思ってしまうんだよね~と思うことがたくさんありました。

他人への信頼感が強いのか弱いのかを確かめるのに「頭の中で”人間”をイメージする」という簡単な方法が載っていたのですが、他人への信頼感が強い人の場合は、現実にいるような「リアルな人間」がしっかり頭の中に浮かんでくるのに対して、信頼感の弱い人の場合は、リアルな人間の姿でなく、”別のもの”が浮かんでくるそうです。

私の場合は、人型はイメージできるのですが、リアルな人間ではなく影しかありませんでした。確かに腑に落ちます…

また本には、次から次へと嫌なことを考えてしまうとき、人の気持ちを考えすぎるとき、自信がないとき、集中できないとき、やる気が出ないとき、お金の不安があるときなどなど、不安を消す暗示の言葉がいくつか載せられています。

言葉だけで不安が解消されるのかしら?と思いながらも、やってみるとすーっと落ち着くのが不思議。

ふとしたことで心がもやもやするとき、どんな暗示の言葉が合うかなと試してみます。すっ~と心が落ち着いた言葉を繰りかえし頭の中で唱えていると、いつのまにかもやもやがはれて、ぐずぐずとひきずっていないことに気がつきました。これは使えそう!

そのほか、本を読んでなるほど~と思った箇所は、

・すぐ不安になる人は、不安から抜け出すために、他人の気持ちを考えたり、自分へのダメ出しをしたり、先のことを考えたりする。しかし、不安を自分で打ち消そうとするほど不安はふくらむ。

・自分のなかに不安があるのではなく、他人からうつることがある。目に見えない脳同士のつながりによって、無意識のうちに周囲の情報を交換している。
 相手の不安を「自分の不安」として認識してしまうと自分自身に対してネガティブな感情を抱きやすい。

しょっちゅう不安になって、こんなことばかり考えてはだめだ!と自分を責めてこともあったけど、自分だけの不安ではないかもしれない。と思うだけでもほっとします。

大嶋信頼さんの本は他にもたくさん出版されているようなので、他にも読んでみたいと思っています。